翻訳会社をお探しの方へ

知っていますか? 翻訳会社はこんな仕事をしています

外国語にあまりくわしくない個人や組織をサポートするため、翻訳会社があります。

文字通り翻訳を業務とする会社で、外国語と日本語を相互に翻訳してくれます。ひとつの翻訳会社で複数の言語を翻訳できることはめずらしくありませんが、会社ごとに得意とする言語が決まっている場合があるので、仕事を依頼するときはよくチェックするとよいでしょう。このような翻訳会社の仕事の例を紹介すると、文学作品や娯楽作品の翻訳がよくある例です。

娯楽作品は、ゲームソフトや映像作品のセリフ(ナレーション)の翻訳が中心です。ホームページの翻訳もよくある仕事の一例になります。翻訳の実際の作業は、会社に所属している専門スタッフが行うのはもちろんのこと、フリーランスの外部スタッフを雇って行う場合もあります。翻訳にかかる料金は文字数や納期などによって変わるので、見積もりをとってから依頼するとよいでしょう。翻訳会社で翻訳スタッフとして勤務するには、一定の言語能力が欠かせません。

しかし、言葉がわかるだけでは翻訳スタッフとしては不十分です。深い知識を持つ分野があるほうが翻訳スタッフとして活躍できる範囲が広がります。国による文化的な違いが原因で、単純な翻訳では文章の意味がうまく伝わらず、専門知識で補足が必要なこともあるからです。経験が浅いスタッフは翻訳スピードが遅いこともありますが、経験を積むことにより翻訳のスピードと質の両方が向上していきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *