翻訳会社をお探しの方へ

翻訳会社での仕事内容

翻訳会社での仕事内容ですが、もちろん文書の翻訳がメインの仕事になります。

日本語の文書を外国語に翻訳したり、逆に外国語の文書を日本語に翻訳することになります。ごく稀なケースとして、例えば英語を中国語に翻訳して欲しいというような依頼を受けることもあるかもしれません。このような仕事には当然ながらその言語の語学力が必要です。もちろんどんな人であっても、ありとあらゆる言語の語学力を持っているようなことは考えられません。

そのため翻訳会社では、需要のありそうな言語の語学力を持った人とそれぞれ契約しており、必要な場合にはそれぞれのスキルを持つ人に対して仕事を回すような仕組みが確立されています。ですから、翻訳会社で仕事をする場合、自分が苦手としている言語の翻訳も行わなければならないのではないかといった心配はまず不要です。低品質の翻訳では会社の信用にも関わりますから、自分に十分なスキルのある言語しか仕事は回ってきません。もちろん今の世の中、最大の需要は英語です。

ですが、英語はそもそも翻訳してもらわなくても自分の仕事にかかわるものであれば自分で読むことくらいはできるという人も多いでしょうし、また翻訳が必要としても、翻訳のスキルを持った人の数も多いです。つまりそれだけ競争が激しいわけです。一方で、あくまで一つの例でしかありませんが、最近では中国がいろいろな意味で台頭しつつあり、中国語のスキルは必要性が高まっている一方で、十分なスキルを持った人はまだまだ少ないのが現状でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *