翻訳会社をお探しの方へ

翻訳会社の仕事について

翻訳会社では、クライアント企業からの委託を受けて文書を翻訳するのがメインの仕事になります。

大きく分けると、日本語の文書を外国語に翻訳するか、あるいはその逆に外国語の文書を日本語に翻訳することになるでしょう。昨今では海外とも取引のある企業がどんどん増加しています。それだけ外国語の文書を作成したり、あるいは内容を理解したりしなければ仕事にならない企業も多くなっているわけです。もちろん、そういった海外取引需要の高まりに伴って、自社の社内で外国語の文書を作成したり、内容を読みこなしたりする人材の必要性も高まっていることは間違いありません。

しかし、多くの企業にとって、語学力は確かに重要だけれども、それはメインのスキルではないために、どうしても自社に求める人材としては優先順位が低くなってしまうこともまた事実でしょう。また、仮に求めるとしても、電話など直接のコミュニケーションのために聞くことと話すことのほうが重視され、読み書きという翻訳にかかわるスキルは後回しにされがちということもあります。

ではどうするのかというと、つまり自社内で必要なスキルが十分にないものについては、翻訳会社という外部の力を借り、委託という形で仕事をしようとするわけです。この意味では、翻訳会社の需要は、グローバル化の進展に伴って今後ますまず増えることはあっても、減るようなことはあまり考えにくいでしょう。それだけどんなクライアントにとっても重要なパートナーとして考えられているはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *