翻訳会社をお探しの方へ

翻訳会社での仕事を考えている人に

語学力があって、それを活かした仕事をしたいと考えている人の中には、翻訳会社で働くことを視野に入れている人もいるでしょう。

翻訳会社での仕事スタイルはどういうものか紹介しましょう。まず、一般的には正社員として採用されるわけではないということを覚えておいてください。もちろん会社ですから正社員も一定数いますが、翻訳業務に携わる人の多くは、一般企業から翻訳会社に対して翻訳の依頼があり、その翻訳をその人に回したいという場合に限って仕事の依頼が来るという契約を結ぶ形になっています。

そして、給料体系としてはほぼ完全な出来高制です。多くの場合、翻訳業務の価格は、単語数あるいは文字数に応じて決まります。単純に言えば長い文章を翻訳すればするほど出来高もアップするということになります。もちろん翻訳の質の高さも関係し、本人のスキルレベルに応じて単価も変わるようになっています。一般企業からの依頼は、常にあるとは限りませんし、あった場合でも他の人に仕事が回されるかもしれません。

つまり、どれくらいの仕事がどれくらいの頻度で回ってくると予想されるのかは一概にいえるものではなく、この点は契約時にしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。また、仕事ができる時間帯、曜日などというのも重要な要素です。一般企業からの依頼はいつ何時発生するか分からず、急ぎの依頼もあるからです。他の人が休みたいと思っている時間帯でも自分は仕事ができるということであればそれだけ仕事が回される可能性も高くなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *