翻訳会社をお探しの方へ

言語ではなく文章の意味を伝える翻訳会社

翻訳会社は、文章を他言語に変換する仕事を行っている会社です。

会社によっては、他言語への変換だけではなく、校正やリライトを行っています。表現や体裁、用語などに配慮が必要な出版物にも対応するためです。翻訳会社の翻訳は単に言語を他言語に置き換えるのではなく、文章の内容が正しく伝わるように変換することです。

単純な言語の置き換えでは文章の意味が正しく伝わらないことも多いものです。それぞれの言語の背景にある文化の違いが、表現の違いなどにも現れます。解釈の仕方で文章の意味が変わります。そのため、作者の意図やその文化を理解する人が翻訳に携わります。

直訳ではなくより内容が正しく伝わりやすい文章に変換できます。また、文章には公文書や学術書など、専門用語が多く専門的な知識や翻訳スキルが必要とされるものがあります。言語的な知識だけではなく、各専門分野の深い知識が必要とされます。

文章の表現方法も専門分野ごとに異なります。翻訳会社では、フリーランスをはじめ各分野に精通した外部の識者にも翻訳を依頼しています。外部の知識を利用することで翻訳がスムーズに行われます。

内部では校正、翻訳漏れ、スペルミスなどの確認を行い、文章の翻訳を完成させます。現在は、翻訳ソフトやアプリなども利用できるようになっていますが、正しい文章に翻訳されているものは少ないものです。

翻訳会社を選ぶ際にも、その文章の内容を正しく翻訳できる会社であるかを考慮する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *