翻訳会社をお探しの方へ

ある程度リサーチして翻訳会社を決めましょう

企業などが翻訳を必要とする時、翻訳会社に依頼しますが、今は翻訳会社がフリーランスの翻訳者に委託する場合が多いです。

これもネットビジネスの一つでたくさんのライターが活躍しています。ライターはクライアントから依頼され、PCで作業し納品します。ライターは専門職でなくても、能力があれば翻訳者になれるということです。

昔は翻訳を専門とする人が常に会社にいるというシステムでもありました。今はフリーランスで仕事をする人が増え、資格がなくても翻訳の仕事ができます。それには良し悪しがあって、必ずしも翻訳者の能力が高いとは言えません。

翻訳会社が品質をしっかり見極めなければならないのですが、中々難しい状況のようです。翻訳に関して言えることの中に、翻訳者が文章をどのように捉えるかによって、訳が変わってくるというのがあります。

つまり解釈の仕方によって違ってくるということです。同じような意味合いにする時でも、言葉のチョイスによって文面は変わります。又直訳と考察を入れた翻訳とでは、同じ意味にならない場合もあります。翻訳は或る意味、翻訳者の癖や個性と言ってもいいでしょう。

そして翻訳は英語を日本語にばかりではなく、フランス語やドイツ語、中国語だったりするわけです。そういう所からも翻訳会社は常に対応できる体制でなければならないでしょう。もし依頼する場合は、しっかりリサーチしてあらゆる言語に対応できる翻訳会社が望ましいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *