翻訳会社をお探しの方へ

翻訳会社の仕事内容と翻訳者について

翻訳会社とはその名の通り翻訳を行う会社の総称です。

翻訳は、原文を他の言語で言い換えるもの、例えば、日本語の原文を英語に変えるためには日本語の理解力、そして英語への訳文に対するスキルが求められます。英語は世界共通言語で、日本語から英語などの仕事を依頼する企業は多いと言えましょう。

翻訳会社が翻訳を可能にしている言語や専門分野は会社により異なりますが、英語やフランス語、ドイツ語などへの訳文を可能にしている会社は多くあるのが特徴です。専門分野については、電気や機械、法律や建築、医療など専門性が問われるものが多く、どこでも可能にするわけではありません。

そのため、原文の専門性を把握出来る会社、翻訳言語を可能にする翻訳会社などのように比較をしながら依頼先を決める必要があります。翻訳会社の中には少人数で会社を運営している所もありますが、こうした会社でも幾つかの専門分野を得意としている、対応言語数も多いなどの特徴を持つ会社もあるのですが、人数が少なくても外部スタッフを多く抱えているなどからも広範囲の仕事を受ける事が出来るようになっています。

尚、翻訳会社の中ではコーディネーターやネイティブスピーカーと呼ぶスタッフが在籍しているのが特徴です。コーディネーターの仕事は受注した翻訳の仕事を社内で行うのか、それとも外部スタッフに回すのかなどスケジュールを調整する仕事、ネイティブスピーカーは特定言語を母国語して話す人を意味しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *