翻訳会社をお探しの方へ

翻訳会社の翻訳料金はワード単位とページ単位

翻訳会社にはネット対応型のスピード翻訳を行う会社もあれば、価格をアピールする会社、技術翻訳を専門に手掛けている会社などがあります。

原文がどのような文章であるのかに応じて、翻訳の質が変わるため翻訳会社の比較が重要なポイントになって来ます。同じ文章を使って複数の翻訳会社に依頼をした時、仕上がりの品質は原文に書かれている内容に応じて変わり、専門性が問われる文章などの場合は、価格は高めではありますが技術翻訳を得意としている会社を選ぶと良いでしょう。

価格はワード単位で決まる会社もあれば、1ページ当たりの単価が決まっている会社もあるので料金比較も重要です。ワード単位は日本語を英語に翻訳する時、単語1つ当たりの料金が決まるもので、1ページ単位はA4サイズでの単価になります。

どちらが安くなるのかは単語の量などに変わるので、一概に1ページ単位の方が安いとは言い切れません。例えば、スペルが長い単語が多い文章の場合、1ページ当たりの単語数は少なくなるので、ページ単位では単価自体が割高になる事もあり、この場合は1ワード単位で費用請求して貰える翻訳会社を選んだ方がコスト自体は安くなるわけです。

尚、1ページもしくはワード数は翻訳会社のホームページ内で料金設定が行われているので、料金をそれぞれ比較する事、専門性が問われる翻訳の場合には、専門技術を得意にしている会社を選ぶなどが大切で、料金の比較の前に技術翻訳の可否を確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です