翻訳会社をお探しの方へ

翻訳サービスソフトの技術進化の理由

最近翻訳サービスソフトが急激に良くなったと感じている人は多いのではないでしょうか。

これまでは翻訳サービスソフトというと駄目な典型例のようなものでした。利用している人も単語の翻訳はするけれども文章の翻訳はまるで使えないというのが常識的なところでした。

意味不明な翻訳をするので、それをネタにして笑いを取るというようなことも出来たりするぐらいの性能だったといってもいいでしょう。ですが、この状態が近年一気に変わりました。

最近の翻訳サービスソフトは日常会話レベルではほとんど間違えないといってもいいぐらいの性能になったのです。これを可能にしたのは人工知能の技術革新にありました。

今の翻訳サービスはこの人工知能あってこそのサービスとなっているのです。この人工知能が使っている技術はディープラーニングともいわれている技術です。

この技術は人が技術を習得していくところを真似ているという不思議な技術です。人はさまざまな経験をすることで間違いを修正して正しい答えを得るようになっていたのです。

つまり経験を重ねることで学ぶことが出来ていたわけです。これは人にとっては当然ですが、CPUにとってはとても出来ないことでした。CPUが得意なのは同じことをするということでした。

この同じことをするということに経験という事を加えて、経験重ねて自分で考えることが出来るようになったのが、このディープラーニングという技術です。

そのため難解な翻訳サービス出さえも多くの経験を重ねることで出来るようになったのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *